【在宅で看取るということについて、知識を高める】

できるだけ自宅で最期を迎えたいと願う気持ちは、あって当然だと思います。

そのためにも在宅医療などのサービスも増えています。

今回は、看取りについて紹介したいと思います。



 人生の幕を下ろす「死」は、誰もが通る道です。その最後を迎える場所に「家」を望む人は、80%ともいわれています。しかし、昔とは違い、病院で最期を迎えるケースが多く、必ずしも患者や家族が満足できる最後ではないようです。最近になり、原点ともいえる「在宅医療」や住み慣れた家で納得のいく最後を迎える大切さが見直され、医療制度も改定されてきています。
「死」とは何か、多くの人が望む「在宅での看取り」とはどのようなものか、お話を伺いました。


1■生命とは ~死は全てが無くなることではなく、生命の循環と考えられる~

2■誰もが迎える死 ~亡くなる直前に多幸感を味わえる細胞が体内にある~

3■脳死と移植 ~脳死の判定や移植は難しく、医師と患者の理解が重要~

4■植物状態 ~近代医学の発達で"植物状態"でも生き続けることができる~

5■従来の医療 ~亡くなることが分かっている患者にも、多くの点滴が行われていた~

6■患者の権利と義務 ~延命や医療の発展のためでなく、患者を考える医療が重要~

7■尊厳死とリビングウイル ~無理な延命をせず、必要な処置を受けて最後を迎える~

8■在宅医療とは ~医療チームを作り、患者と家族の意志で選択できる医療~

9■最後をどこで迎えるか ~多くの人が自宅での最後を希望しているが、約80%が病院で亡くなっている~

10■死の5段階 ~死を宣告されてから、受け入れるまでの段階~

11■在宅ケアに必要なもの ~患者や携わる人の心と健康状態への理解が成功に繋がる~

12■在宅で行える治療 ~病院以外でも、多くの近代的な医療を受けることが可能~

13■在宅医療の成功と失敗 ~環境や受け入れの意思がしっかりしているかがポイント~

14■まとめ ~自分や家族がどのような最後を送りたいか、送れるかを考えておくことが重要~




http://www.j-health.jp/egao/kenkou_kyositsu/191/index.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック