通所介護先での訪問看護実施

介護現場の「規制緩和」に残る不安 配信日:2013/12/12 カテゴリ[ニュース深読み解説] 看護師が絶対的に不足している現状では、こういうのもありかな、と思います。 内閣官房より、「構造改革特区における第24次の検討要請」が関連省庁に示されました。今回提示された要請の中に、「通所介護や短期入所生活介護等にお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「デイサービス」と「デイケア」の違い

「デイサービス」と「デイケア」って、どこが違うの? 「デイサービス」は通所介護とも呼ばれ、「デイケア」は通所リハビリテーションとも呼ばれています。 その大きな違いは、前者が生活やレクリエーションなど日常の基本的な動作や心身機能の回復訓練が中心で、後者は理学療法士による機能回復訓練など医師の判断により受けられるリハビリテー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千葉県がお泊まりデイ提供時のガイドラインを策定

<独自ルール策定>千葉県がお泊まりデイ提供時のガイドラインを策定 2013/11/12 12:00 配信 | 行政ニュース 千葉県は、10月31日、通所介護施設で宿泊を受け入れる「お泊りデイ」のサービス提供時のガイドラインを策定し、11月1日から運用すると発表した。 県内で「お泊りデイ」を実施する通所介護…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

65歳以上、3186万人=4人に1人が高齢者に

65歳以上、3186万人=4人に1人が高齢者に―総務省推計  「敬老の日」を前に総務省が15日発表した高齢者推計人口によると、同日現在の65歳以上の人口は前年比3.7%(112万人)増の3186万人で、過去最多を更新した。総人口に占める割合も0.9ポイント上昇の25.0%と過去最高に達し、全人口の4人に1人が高齢者とな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小規模のデイ事業所、市町村が指定へ

定員が10人以下の通所介護事業所は、介護報酬単価がやや高めに設定されていることなどから、最近7年で事業所数が1.5倍に増加。今年3月には、すべての通所介護事業所(3万5453か所)の半数余りを占めたそうです。 小規模のデイ事業所、市町村が指定へ- 厚労省、介護保険部会に提案  厚生労働省は18日の社会保障審議会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

介護事故がなぜ起こるのか

送迎事故防止で特に重視されること 配信日:2013/05/07 カテゴリ[ニュース深読み解説] 閲覧数[747] 介護事故がなぜ起こるのか、その背景を改めて整理してみます。現場での事故の場合、「利用者の状態像」を要因としてあげることが多い一方、それだけでは「なぜそれが起こったか」を解明することはできません。 事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人員基準違反による不正受給でデイが1ヶ月指定停止へ

内部告発か? 人員基準違反による不正受給でデイが1ヶ月指定停止へ 配信日:2013/05/07 カテゴリ[事故・違反] 三重県長寿介護課はこのほど、介護サービスを提供したように見せかけて報酬を不正に受け取ったとして、度会郡玉城町内の「株式会社ナギの樹」(中嶋千章社長、同町蚊野2155)が運営する通所介護施設「デイサー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デイサービス 健康維持に仮想通貨

仮想通貨、ボケ防止にもよさそうです。 健康維持に仮想通貨 デイサービス施設完成 愛媛 愛媛新聞 2013年4月25日(木)14時00分 運動や勉強に取り組む利用者に、施設内で使える通貨を提供する「いこっと」  【血圧測定・クイズ… 楽しくポイント獲得】  楽しくリハビリして、ポイント獲得…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

良いデイサービスの見分け方

デイサービスを受けるに際して、良い施設かどうかを見分けるポイントを紹介しています。 デイサービスとは通所介護といって、要介護者が介護施設に通って入浴や食事、身体や言語の訓練等のサービスを受けることができるものです。ほとんどの施設が送迎があり1日または半日施設で要介護者を支援してくれます。 施設で介護を受けるのがデ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

糖尿病は加速する?

今回は糖尿病のお話です。 糖尿病は予防も大事ですが、発症してしまっても、生活習慣を改めることができるかどうかで、症状の進行を加速させたり緩やかにすることができる病気です。 糖尿病加速は…「過食」と「運動不足」  高血圧、脂質異常症とともに虚血性心疾患の原因となり、網膜症、腎症、神経障害の3大合併症をもたらす糖尿病。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高血圧とは|高血圧の仕組み

高齢者だけでなく、近年は若い人にも増えてきている「高血圧」について、ご紹介したいと思います。 血圧を毎日欠かさずチェックしている方も、参考にしていただけたらと思います。 高血圧の仕組みについて簡単に説明します。 血液を運ぶ動脈に汚れがくっついて流れが悪くなると、心臓は圧力を高めて末端の血管まで血液を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マクドナルドの「60秒サービス」 試してみたい

今から楽しみです。 2012年12月24日 17:46 (ロケットニュース24) マクドナルドの「60秒サービス」に現場から悲鳴 / 店員「もうみんな60秒無理だからあきらめてる」「60秒とか無理」シェアする 51 回シェア25 回 0 回 日本マクドナルドは、2013年1月4日から「ENJOY!60秒サービス」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音楽療法

音楽療法は、認知症のお年寄りには効果の高い療法として評価されています。 多くの施設で行われていますが、メニューはだいたい、参加者みなが一緒に歌を合唱したり、簡単な楽器を使って合奏することが中心になっています。 音楽療法士が指導する場合もあります。 楽器演奏は、音による耳からの刺激、楽器を持ったときに手から伝わる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウェブリブログの長時間の緊急メンテナンス実施により、大変ご迷惑をお掛けしました

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。 利用しておりますウェブリブログの長時間の緊急メンテナンス実施により、 しばらく更新する事ができず大変ご迷惑をお掛けしました。 ブログデータを保管するディスクの性能に 問題が生じましたことに拠るもので、緊急メンテナンスでは ブログデータを新しい保管場所に移動させる作業と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【在宅で看取るということについて、知識を高める】

できるだけ自宅で最期を迎えたいと願う気持ちは、あって当然だと思います。 そのためにも在宅医療などのサービスも増えています。 今回は、看取りについて紹介したいと思います。  人生の幕を下ろす「死」は、誰もが通る道です。その最後を迎える場所に「家」を望む人は、80%ともいわれています。しかし、昔とは違い、病院で最期…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脳血管性認知症

脳血管性認知症 【脳梗塞や脳出血によって起こる認知症】 脳梗塞や脳出血によって起こる認知症です  脳血管性認知症とは、脳の血管障害、脳梗塞や脳出血によって起こる認知症を意味します。  脳血管性認知症の主な症状は、日常生活に支障を来たすような記憶障害とその他の認知機能障害(言葉、動作、認知、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

介護難民

介護難民という言葉を耳にしたことはないでしょうか? 私自身、あまり馴染みのない言葉ですが、とても興味を持ち、今回紹介しました。 老人ホーム、退居宣告で介護難民に!? 介護の最後の砦として認識されている老人ホーム。でも、追い出されて介護難民化するケースが増えております。その実態に迫ります。 老人ホー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢者肺炎

高齢者の方は、肺炎によってお亡くなりになる方も少なくありません。 さまざまな要因で肺炎になってしまうこともありますので、正しい知識を身につけて 関わるのが必要かと思います。 高齢者にとって肺炎は危険な病気です  我が国の死亡統計によると、肺炎はここ10数年来死亡原因の第4位を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

運動療法

あまり聴きなじみのない言葉ですが、毎日気がつかないだけで、人は運動をしています。 今回は、改めて「運動療法」というものについて紹介したいと思います。  運動療法は、食事療法、薬物療法と並んで、糖尿病治療の有力な手段です。とくに、日本人の糖尿病の 95% を占める、2型糖尿病の人で、血糖コントロールが安定している人の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

園芸療法

今は、さまざまな療法が盛んになってきていますが、自然の力というものにも 私たちは心癒されます。 今回は、園芸療法について紹介したいと思います。 植物が人に及ぼす影響は古くから知られており、植物のある環境によって精神的安らぎを覚える事は事実です。その効果を利用し、 植物や園芸活動を媒体として精神的、身体的リハビリへと発展した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more